米林宏昌監督 最新作「メアリと魔女の花」。スタジオポノック第一回長編作品、始動!

この夏、「ポノック短編劇場」が始まる!
第一弾は「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間」

大冒険ファンタジー、愛と感動の人間ドラマ、スペクタクルアクション!
この夏、映画の常識を変える新プロジェクト「ポノック短編劇場」が開幕!

第一回長編作品『メアリと魔女の花』が国内観客動員数266万人、全世界の上映が決定するなど、世界の映画シーンにおいて鮮烈なデビューを飾ったスタジオポノックから、この夏、新たなプロジェクトが始まります。
日本から世界へ駆ける短編アニメーション映画の祭典「ポノック短編劇場」です。

記念すべき第一弾のテーマは「ちいさな英雄」。

超大作映画を手がけてきたアニメーション映画の旗手たちが、“現代のちいさな英雄”を描きます。

『メアリと魔女の花』の米林宏昌が自身初となるオリジナルストーリーで挑む、カニの兄弟の大冒険ファンタジー『カニーニとカニーノ』

巨匠、高畑勲監督の右腕として活躍した鬼才・百瀬義行による、母と少年の愛と感動の人間ドラマ『サムライエッグ』

宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる『透明人間』

兄と弟の勇気、母と子の絆、そして、たったひとりの闘い。
小さな涙と優しさは、3つの物語を通して、やがて大きな強さとなっていく―。

愛と感動のエンターテインメント『ポノック短編劇場 ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間』、ぜひご期待ください!

2018年8月24日(金)全国ロードショー
公式サイト: ponoc.jp/eiyu
企画・制作:スタジオポノック
スタジオポノック・日本テレビ・電通 提携作品
配給:東宝