米林宏昌監督 最新作「メアリと魔女の花」。スタジオポノック第一回長編作品、始動!

COMPANY

会社情報

スタジオポノックとは?

2015年4月15日設立。アニメーション映画制作会社。

2014年末にスタジオジブリを退社した後、プロデューサー西村義明が立ち上げたアニメーションスタジオ。「ポノック」とはクロアチア語で「深夜0時」を意味する(ponoć)に由来し、新たな一日のはじまりの意味を込めた。スタジオジブリで活躍してきた卒業生であるクリエイターやスタッフが多数参加した第一回長編アニメーション映画『メアリと魔女の花』(監督:米林宏昌)が2017年7月8日から全国で劇場公開された。2018年現在、3人の監督による短編アニメーション映画を制作中。

会社概要

会社名 株式会社スタジオポノック(STUDIO PONOC, inc.)
所在地 東京都武蔵野市境南町2-10-21
代表取締役 西村義明
関連会社 株式会社でほぎゃらりー

 

会社略歴

2015年4月 設立
2015年6月 JR西日本 SUMMER TRAIN! キャンペーン映像制作
2016年2月 渋谷駅西口再開発 囲い壁デザイン制作
2016年3月 滋賀県観光誘致ポスター制作
2017年7月 米林宏昌 監督作品『メアリと魔女の花』全国公開
2018年現在 ポノック短編劇場『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』8月24日(金)全国ロードショー